My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
ダイエット体験記*ダイエット入門 > ダイエットの基礎知識

プロテインの飲み方

プロテインの飲み方には基本があります。

  • 運動やトレーニング直後30分以内
  • 就寝2時間前

この2つだそうです。

そのほかプロテインの飲み方として、プロテインの粉を○○ccの水とまぜるなどがあると思いますが、それについては商品のパッケージを読んでください(^^;

さて。プロテインの飲み方の基本についてですが……

運動やトレーニング直後30分以内にプロテインを飲む理由

 筋肉は運動直後から、運動によって傷つけられた組織を治そうとするそうです。その、治した結果によって筋肉が強くなっていきます。
たとえば、骨折した跡の骨は、ほかの部分より強くなってるとか聞いたことありませんか?
それと同じように、筋肉を運動によって傷つけることで、筋肉が強くなっていきます。
(傷つけると言っても、刃物で刺してはダメです(笑))

さて、筋肉が傷つき、筋肉が治り始めたときに合わせてプロテインを飲むと、効率よく筋肉を強くしていくことができるそうです。

就寝2時間前にプロテインを飲む理由

就寝後しばらくすると、成長ホルモンが分泌されます。

簡単に言うと、「寝る子は育つ」というやつです。

つまり、育つ時間に合わせてプロテインを飲むと、効率よく筋肉が強くなっていきます。
そんなわけで、就寝2時間前にプロテインを飲むのが効果的だそうです。

チョコレートダイエットの情報

チョコレートダイエットを、発掘あるある大事典でやっていました。

その内容を、ちょっと私なりにまとめてみたので、参考にしてください(^^)

チョコレートダイエットの基礎知識

  • 1日50g摂取する
  • 食前に摂取する
  • カカオが70%以上のもの

チョコレートダイエットの成功情報

以下の項目に、多くあてはまる人ほど、チョコレートダイエットに成功しやすいそうです。ちなみに、女性が成功しやすいのは、甘いものが好きで、便秘気味の人が多いからのようです。

  • 間食が好きな人が、間食をチョコレートに変えた
  • 基礎代謝が低い人(主に40歳以上)
  • 女性
  • 便秘気味の人

チョコレートダイエットの失敗情報

成功情報であげられていたのと、まったく逆の項目です。男性でも、甘いものが好きなら成功しやすいようです。

  • 間食をあまりしない人
  • 基礎代謝が高い人
  • 男性
  • 便秘ではない人

チョコレートダイエットの注意点

  • チョコレートのアレルギーがある人は、チョコレートダイエットをしないこと!

チョコレートでダイエット!?スーパーモデルの間では、すでに常識!?カカオポリフェノールはもちろん<br>ダイエットをサポートする話題の成分配合<br>⇒「L-カルニチン」「生コーヒー豆」「マルチビタミン」【ダイエッちょ!】【金のたまご】 チョコレートでダイエット!?スーパーモデルの間では、すでに常識!?カカオポリフェノールはもちろんダイエットをサポートする話題の成分配合<br>⇒「L-カルニチン」「生コーヒー豆」「マルチビタミン」【ダイエッちょ!2個セット】送料無料! 【金のたまご】

1日のカロリー量の目安

1日のカロリー量の目安を知ってますか?

ダイエット中は、1日の摂取カロリーを減らす必要があります。
しかし、1日のカロリー量を減らすと言っても、減らしすぎてしまうと、リバウンドが怖い(>_<)

ダイエット中の、1日のカロリー量とは、ある式を使って簡単に計算できます。

では、1日のカロリー量を計算する式を紹介します。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22
1日の摂取カロリー量(kcal) = 標準体重(kg) × 25

これが、ダイエット中の1日の摂取カロリー量の目安です。

たとえば、身長173cmの私の場合・・・

標準体重(kg) = 1.73m × 1.73m × 22 ≒ 65.8kg
1日の摂取カロリー量(kcal) = 65.8kg × 25 = 1,645kcal

1,645kcalが、私の、ダイエット中の1日の摂取カロリー量の目安です。

ちなみに、ダイエットの必要がない人は、「25」の数値を、「30~35」にすると良いそうです。
私の場合を例にすると・・・

65.8kg × 30~35 = 1,974~2,303kcal

1日のカロリー量を、1,645kcalに抑えている私からすると、ものすごく高いカロリー量です(^^)

ひとまず。

今からダイエットをする人。ダイエット中の人は、今回紹介した以下の公式で、1日の摂取カロリー量を計算して、目安にしてください。

標準体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22
1日の摂取カロリー量(kcal) = 標準体重(kg) × 25

 

標準体重の計算方法

ダイエットをするにあたって、まずは目標体重を決める必要があります。
目標体重は、ひとまず、標準体重にしておくと良いと思います。

標準体重の出し方は、いろいろあるようですが、カラダスキャンの説明書にも乗っている、一般的な方法を紹介します。

標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22

たとえば、私の場合。
身長が173cmですのから・・・

1.73 x 1.73 x 22 = 65.8438 kg

標準体重は、65.8438kgです。

・・・細かくてわかり辛いので、65.8kgとしておきましょう(^^;

さて。

つきなみでしたが、今回は、標準体重の計算方法を紹介しました。

標準体重 = 身長(m) × 身長(m) × 22

あなたの手帳など目立つところに、この式で求めた標準体重を書いて忘れないようにすると、毎日、標準体重を意識できてとてもいいですよ(^^)

 

「ダイエットの基礎知識」のコメントについて

「ダイエットの基礎知識」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「ダイエットの基礎知識」情報をお願いします。

「ダイエットの基礎知識」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「ダイエットの基礎知識」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「ダイエットの基礎知識」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「ダイエットの基礎知識」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「ダイエット体験記*ダイエット入門」に関連するサイトでしたらOKです。